ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子

マイメディア情報ファクトリー

佐々木希が焼かれる?藤堂比奈子最終回

 


テレビドラマ

 

藤堂比奈子遂に最終回を迎えました。

 

最終回目前では、青い目の美しき殺人鬼、真壁永久(芦名星)が現れる!

更に、警視庁の片岡(高橋努)を切りつける始末。

 

ヤバさ全開の凶悪犯に比奈子はどう立ち向かうのか?

 

この真壁永久は、比奈子(波留)が高校生の頃にナイフを渡した張本人で、比奈子を殺人鬼へと覚醒させようといている様です。

 

一方で、突然の不意打ちに気を失う東海林(横山裕)は永久に拉致されてしまう・・・

 

スポンサードリンク

 

佐々木希演じる佐藤都夜は?まさかの焼殺?

 

真壁永久のファンレターに翻弄されて脱走した事も判明した佐藤都夜。

拉致された東海林は、2人がグルだった事を確認し、脱走を試みるも失敗。

その脱走際に突き止ばされた佐藤都夜は東海林に逆上し、殺害を試みるも永久に止められてしまうあげくに、燃やされてしまう。

 

 

まさかの佐々木希が燃やされる?

 

ここに驚きを感じた人も少なくないハズ?

 

第一話では篠田麻里子が容赦なくボコボコにされる等、人気のある著名人を容赦なく惨殺させるのは流石、古家 和尚と言った感じですね。

 

人昔前なら惨殺される場合は、無名の役者さんを使うのがベターな感じもしましたが、現在では、有名な女優であれど、新しい事に挑戦しなければ生き残れない時代です。

 

なので、どんな役でも引き受けなければならない時代と言えます。

 

イメージが崩れるから事務所的にNG!とは行きません!

 

これは、ドラマ好きにとっては嬉しい限りです。

 

この女優さん、こんな役も出来るんだ!と言う驚きと発見になるんで、別の視点でドラマを楽しむことが出来ます☆

 

 

結末はハッピーエンド!

 

この手のドラマの流れとしては、ハッピーエンドではなく、しこりの残る終わり方が多いのが最近の流れではありました。

それが人気ドラマであれば、続きは映画で!みたいな面倒なドラマも多かった気もします。

 

個人的には、ドラマで完結してよ!と思ってしまうのですが、それは人それぞれなのかもしれませんね(^-^;

 

今回の藤堂比奈子は、ビシッと終わった感があり何だかスッキリさせてくれました。

比奈子は殺人鬼、怪物ではない!

 

刑事である!!

 

それを証明するワンシーンが最後に登場。

 

これは視聴者をスッキリとさせてくれる良いシーンでした。

 

 


 

 

 

スポンサードリンク

 

タグ :   

テレビドラマ フジテレビ    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: