趣味で頭のモヤモヤ解消!スライダー滑走は精神面でのホイールアライメント調整!

スライダーおじさん - スライダー小僧 - スライダー滑走 - 白岡市B&G海洋センター
精神面のホイールアライメント調整

白岡市B&G海洋センターでのスライダー冬トレの続きになります。

 

私は小学6年の時にスライダー滑走を覚え、中学生の時には、当時の仲間達を含めて、さいたま水上公園の監視員からスライダー小僧と呼ばれている程のスライダーバカでした。

 

高校生になってからはバイクにハマり、スライダーは一時休業。

 

社会人になってからも仕事としてより深いバイクライフを継続していましたが、この時でさえも、明日はみんなで奥多摩攻めだ!と盛り上がっていたその夜に見た夢もスライダーを滑る夢を見ていたと言う(笑)かなり末期なスライダーバカですw

 

元々やめたつもりはなかったのでいつかはまた復帰する!

 

常にそんな願望を抱いていましたが、この度25年振りの復帰となりました。 

 

つまりスライダーを滑って水面を滑走する事は【楽しい】になるのですが、それだけではない様です。

 

これはスライダーに限った趣味だけではないので、ご興味があれば最後までお読みいただければ幸いです。

精神面のホイールアライメント調整

モヤモヤが溜まると集中力が欠ける!

 

日々過ごす中で、頭の中には色々な情報がインプットしてきます。

 

そして蓄積されてしまう事で、あれもこれもと頭がモヤモヤする事はありませんか?

 

その解消するのにスライダーを滑れる事がは私にとって最適な手段になっています。

 

※ちなみに私の場合、バイクは経験上、特に公道の場合ですが、必要以上に周囲に気を使う為、モヤモヤ解消にはならない様です。

スライダーを滑って解消!

 

最近、特に嫌なことがあった訳ではありませんが、色々と余計なものがモヤモヤっと頭の中に蓄積して行く感じがあったので、やっぱりこう言う時にはスライダーを滑るに限ります!

 

 

つまりスライダーを滑る事で精神面のホイールアライメント調整が出来るのです。

 

 

あくまでも私の場合ですが(^-^

 

 

アライメント調整とは、ここで例えるなら、文字通り自動車のホイールアライメント調整の事です。

 

私自身が約10年バイクの整備士をしていた為、自動車業界用語を例えに持って来る事が多々ありますが、この辺りは暖かい目で見てやってください(笑)

 

 

このホイールアライメントがズレているとタイヤの変摩耗やハンドルのブレや振動の原因となり、燃費の悪化はもちろん、無駄に自動車を消耗される原因となります。

 

 

つまり、人間に例えるなら精神面、つまり何かモヤモヤした気持ちを払拭するすることで、学業や仕事に専念出来る精神面を整えると言う事になります。

 

モヤモヤした気持ちを引きずっていると、自動車で言うホイールアライメントが狂っている状態となり、つまりあなたの意思決定は左を選択したのに、何かが右に行こうとしている為、無駄に疲労を感じてしまったり、今一番やるべき事をおろそかになってしまったり、無駄なミスをしたりと、結果的に仕事が遅くなってしまうのです。

 

つまり集中力や注意力が散漫になります。

 

最悪の場合、交通事故の原因にもなり兼ねません。

 

要はいわゆる意識と無意識ですね。

 

 

これ以上の事は精神科医でもカウンセラーでもないので語れませんが、とにかくスカッとする様な趣味を持つ事もモヤモヤの解消方法なのかもしれません。

 

 

さらに付け加えると、少しでも気が乱れると、スライダーをうまく滑る事が出来ない事があります。

 

この時はまだモヤモヤは解消されていないので、うまく滑れる様に一度休憩をして深呼吸などをして精神統一をはかるとうまく滑れる様になる事が多々あります。

 

まさにあの⇒伝説のスライダーおじさんサトリの如く(笑)

 

 

これが上手く行って、私にとってホイールアライメント調整が整ったと言う感じなのだと思います。

 

 

●精神統一をする事で上手く行くかもしれない趣味の例

 

バッティングセンターでひたすら打ちまくって打率を上げる!

 

カラオケで自分の好きなアーティストの歌を間違えずに気持ちよく歌える様にする!

 

いずれも私は得意ではありませんが(笑)あなたが今すぐ出来るモヤモヤが解消しそうなスカッとする趣味をリストアップしてみるのも良いかもしれません。

 

とまあ、どうでもいいと言えばどうでもいい話しですが…

 

ここまで読んで頂いたのであれば、あなたも何かモヤモヤしていたのでしょうか?

 

それならこの記事が少しでもお役に立てたのかもしれません。

 

とにかく最後までお付き合い頂きありがとうございました☆

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバック
トラックバックURL