もう一人のスライダー兄さん 茨城を熱くする孤高のアーティスト!

スライダー滑走

砂沼サンビーチ滝滑り スライダー兄さん

 

 

 

スライダーに関してYouTubeを中心に探すと色々と出てくる出てくる。

 

しかも!何と!茨城にいました!

 

埼玉のスライダーおじさんやスライダー兄さんが目立ってあまり世に知られていないようです。

 

まさに!孤高のスライダーアーティストに相応しい、もう一人のスライダー兄さんです。

 

その豪快なパフォーマンスを動画にてご覧ください。

 

 

 

 

 

豪快に力強い水面滑走でプールサイドにタッチ!

 

 

かなりアグレッシブ!

 

こんな人が潜んでいるのか?スライダー業界は実は奥が深い!!

 

そんな事を思い知らせれる動画です(笑)

 

ジャンプスタートと言う埼玉の各水上公園ではでは禁じ手とされている、飛びながらコースインするスタート方式を採用している様ですね。

 

私もさいたま水上公園でやっていましたが、後少しでプールサイドにタッチ出来るところでした。

 

しかしながら、危険と言う事で禁止されてしまったのです( ;∀;)

 

 

 

ジャンプスタートとは?

 

ジャンプスタートとは、当時の私が作った造語です。

 

ジャンプスタートについては、別の動画からキャプチャー画像をお借りしてみましたので、その画像で解説します。

 

 

①通常の様にコースに座って合図を待つのではなく、画像の様に立ってやや前傾姿勢で構える。

砂沼サンビーチスライダー兄さん

キャプチャー画像 砂沼サンビーチ 岸に立ちたい男  スーパースター編より引用

 

 

②スタートの合図が近くなったら、両脇に手すりをしっかりと持ち、陸上のクラウチングスタート様な姿勢で構える。

砂沼サンビーチスライダー兄さん

キャプチャー画像 砂沼サンビーチ 岸に立ちたい男  スーパースター編より引用

 

 

③スタートの合図(笛が鳴る)が出たら、両脇の手すり軸に、跳び箱を跳ぶ様な要領でコースインする。

砂沼サンビーチスライダー兄さん

キャプチャー画像 砂沼サンビーチ 岸に立ちたい男  スーパースター編より引用

 

 

これでもかなり滑走スピードが増すので、上記でも触れた様に私もさいたま水上公園でプールサイド寸前まで行きました。

 

仲良くなった監視員が、空いていたので、特別にジャンプスタートを許可をしてくれた時は、本当にプールサイドに足が・・・

 

と言う所まで行きました。

 

 

その昔は助走してジャンプスタートする人がいたらしく、その人はプールサイドに立った様ですね。

 

しかしながら、禁じ手になった以前に、スライダー滑走大会では反則になってしまうので、、さいたま水上公園では意味のないものとなってしまいました。

 

このスライダー兄さんはプールサイドに立つと言うのが目標に滑っている様ですね。

 

私の場合、当時はスライダー滑走大会で1位を獲ると言う事が目的だったので、平均距離を意識したていたのを記憶しています。

 

当時は5人位の拮抗したライバルがいたので、かなり練習を重ねました。

 

 

こんな感じで、ウォータースライダー滑走はスポーツとして楽しむ事が出来ます☆

 

スライダーおじさんやスライダー兄さんの見物に飽きた人で、水面滑走に興味がある人は是非トライしてましょう!

 

 

スライダー水面滑走についてはこちらで解説>>

 

 

 

砂沼サンビーチのスライダー兄さんのプロモーション動画☆

 

最後に砂沼サンビーチのスライダー兄さんのプロモーション動画もあります。

 

先程キャプチャー画像をお借りしたので、紹介させていただきます。

 

スライダー滑走にかける情熱をご覧ください☆

 

 

 

 

 

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバック
トラックバックURL