とと姉ちゃん鉄郎叔父さん

マイメディア情報ファクトリー

向井理のアドバイスが生かす!とと姉ちゃん14週

 


テレビドラマ

 

戦後出版社編がスタートしたとと姉ちゃん14週。

ここに来てとと姉ちゃんこと常子(高畑充希)の叔父である鉄郎(向井理)がなかなかいい感じに!

 

 

スポンサードリンク

 

トラブルメーカーから経営コンサルティング?

鉄郎と言えば、いつもはいい加減で飽きっぽく、何かとトラブルを抱え、常子達を困らなせていました。

しかしながら、戦時中の苦難を乗り越え、歳も重ねたせいか?少し落ち着いた感じも見受けられるます。

 

今で言うなら、家族を全員の面倒を見るならサラリーマンの安月給じゃダメ!

 

起業しろ!

 

的なアドバイスを常子にしていましたよね。

 

そして、市場調査ともいえる、市場へ連れて行き、女性がたくましく働く姿を常子に見せると共に、常子に何を売ればいいのか?考えさせるさせる手伝いまでしてしまう鉄郎。

 

今で言うコンサルティングの様な鉄郎が今週は凄いですね☆

 

と言ってもまたいつもの鉄郎に戻るのでしょうか?

 

また、男はつらいよの寅さんの様に、また放浪の旅に出ていってしまうのか?なぞですね。

 

役を演じている向井理さんも、ゲゲゲの女房以降、すっかりとこの時代の役柄が似合う様になってしましたね(笑)

 

どんな役柄を演じてもみんな、水木しげるの様に見えてしまいます。

 

あの諭す様なアドバイスの仕方がそうさせるのでしょうか?

 

個人的には好感度抜群です☆

 

 

失敗しても這い上がる鉄郎の習え!

 

借金取りを呼ぶ寄せたり、何かとお騒がせな鉄郎ですが、何気に事業のを起こした数は半端ありません!

何か見つけては次の事業に手を出し、失敗しては逃亡する(笑)

 

そんな鉄郎ですが、その這い上がる力、または次の事業を見つける早さは素晴らしいものがあります。

 

就活で困っている人や営業成績が不振とお悩みの方は、是非鉄郎に習って欲しいものです。

 

事業が失敗しても、持ち味の口のうまさがある鉄郎。

 

この口のうまさこそが、交渉する力であり、仕事を成約させる力なのでしょうね。

 

一見ダメそうに見えますが、実は切れ者な鉄郎。

 

さすがは常子の叔父さんということだけありますね(笑)

 

今週のとと姉ちゃん14週ですが、どの様にして出版社立ち上げるのか?

 

天才編集長と言われた花山伊佐治(唐沢寿明)との接点は?

 

見どころ満載で目が離せません!

 

 

とと姉ちゃん公式サイト

 

 

スポンサードリンク

 

タグ :  

NHK NHK 連続テレビ小説    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: