バクマンはテレビドラマ化しないのか?

マイメディア情報ファクトリー

重版出来!の次はバクマンもドラマ化しないのか?

 


テレビドラマ

近年、漫画家やそれらを取り巻く業界を題材にしたドラマが多くなって来ています。

 

元々は漫画雑誌で連載されていたものや、ゲゲゲの女房の様に自伝を元にしたものが多い様です。

 

漫画が原作の重版出来!アオイホノオは実写ドラマ化したわけですが、人気漫画、バクマンはドラマ化されないのでしょうか?

 

実写化された映画にはなっているのですが・・・

 

バクマンとは?

 

バクマンって何?

 

とお思いかもしれませんの簡単に説明します。

 

2008年~2012年まで、週刊少年ジャンプで連載。

 

連載前から、ネットのニュースの見出しに、大場つぐみ・小畑健のDEATH NOTEコンビが、漫画家を目指す「バクマン」を連載する!と話題になっていたのを記憶しています。

 

漫画家を夢見た主人公、サイコー・真城最高(作画担当)と、シュージン・高木秋人(原作担当)が週刊少年ジャンプでの連載を目指し、やがては看板作家へと登り詰めるサクセスストーリー。

 

※サイコー・シュージンは2人が呼び合うあだ名。

 

かなり、ドラマの出来そうな要素が多く含まれており、少年誌とは思えない、会社(出版社)に重要な数字がリアルに出てきたりと、職業志向の強いシナリオ構成。

 

そして、実名の漫画家や編集者の名前を使ったり、高校生で連載を勝ち取るも、作画担当の真城(サイコー)が過労から、内蔵疾患の為、倒れて入院する等、いろんな意味でリアルな感じです。

 

 

一方で漫画らしい設定も!

 

 

一方で漫画らしい設定もあります。

 

ヒロインの亜豆美保との約束。

 

それは、ストーリーの冒頭で、高木(シュージン)に漫画家になろうと誘われも、断る真城(サイコー)。

しかし、あきらめない高木は、真城が亜豆に想いを寄せている事を知っていた為、亜豆の事を調べる。

 

そして、意外な事がわかった高木は亜豆の家一緒に行く様に誘う。

 

そこでわかった真実は亜豆が声優を目指している事だった!

 

ヒロイン亜豆美保が声優を目指す事を知って、漫画家になる事に否定的だった真城に火がつく!

 

元漫画家であり今は亡き叔父、川口たろう・真城信弘の過去の言葉と重なってしまい、亜豆に勢いで、夢が叶ったら結婚して下さい!という衝撃告白!!

 

 

更に、亜豆が出した条件「「アニメ化したら結婚する、それまで互いに直接会わない」と約束する。

 

 

この辺りは、少年漫画らしい感じもします(笑)

 

 

そして、漫画家を描き上げた2人はいよいよ持ち込みに!

 

ここで登場する、」コミック1巻の持ち込みの電話対応がまたリアル感があり、個人的には好きなシーンです。

 

持ち込み来る少年、面倒くさい・・・

みたいな対応が如何にもって感じですよ(笑)

 

映画では急ぎ足でしたが、ドラマではこの辺りも比較的、リアルに出来そう感じもします。

 

ドラマ化して欲しいものですね☆

 

スポンサードリンク

 

タグ :  

テレビドラマ 漫画を描く    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: