連続テレビ小説とと姉ちゃん

マイメディア情報ファクトリー

唐沢寿明出演!朝ドラとと姉ちゃん 出版編スタート!

 


テレビドラマ

2016年の4月にスタートしたNHK連続テレビ小説とと姉ちゃん。

すっかりと宇多田ヒカルが歌う主題歌が「花束を君に」がすっかりと馴染んで来ましたね☆

 

そして、物語のメインとも言える、出版社編がいよいよスタートです。

 

生活総合雑誌『暮しの手帖』を物語では、『あなたの暮し』ですが、常子(高畑充希)はどの様にして雑誌を立ち上げるのか?

先が楽しみですね?

 

そこには、キーマンとなる天才編集者が存在する様ですが、演じるのは?

 

スポンサードリンク

天才編集長花山伊佐次を演じるのは唐沢寿明!

 

天才編集長花山伊佐次(はなやまいさじ)を演じるのは唐沢寿明!

予告では頑固そうな変人の様な感じではありますが、実際はどうなのでしょうか?

 

モデルとなった人物は、花森 安治(はなもり やすじ)と言う天才編集者として知られる人物。

 

 

豪放な性格、反骨精神と奇矯ながら、真摯な行動でも知られ、数々の逸話を残す。

  • おかっぱ頭やスカート姿を貫いた。ある婦人代議士[4]が花森と対談して、さいごまで女だと思いこみ、意気投合して、「おたがい、女性のためにがんばりましょう」と握手までして帰った、という[5]
  • 新幹線を「暴走族」として、スピードダウンと並行在来線の直通列車復活を「暮しの手帖」紙面で主張した。

ウィキペディアより引用

 

 

戦後にはアサヒビールのキャッコピー レイアウトまで手掛け 「一番うまいアサヒビール」等の世に残るキャッチコピー等を生み出した様です。

 

とと姉ちゃんに登場する花山伊佐次は、どの様にデフォルメされているのか見ものですね。

 

 

 

志田未来演じるお竜や、真野恵里菜演じる早乙女は再び登場するのか?

 

 

ここで気になるのが、志田未来演じるお竜や、真野恵里菜演じる早乙女は再び登場するのか?

 

特に、不良のボス的なお竜は、今後も常子(高畑充希)の前に現れそうな気もしないでもありません!

その場合、どの立ち位置で登場するのでしょうか?

 

戦後に立ち上げる雑誌、『あなたの暮し』に何か関わってくるのか?

このあたりも勝手に予想するのもなかなか面白いものです(笑)

 

男女平等を提唱していた早乙女も、どこかでまた登場するのでしょうか?

やはり何かの活動家、もしくは常子に並ぶ実業家として登場するのか?

 

アナタならどう予想しますか?

 

全然違っていたとしても、勝手な予想もドラマを楽しむ上での一つの要素だと思っています。

是非勝手に予想してみて下さい☆

 

それにしても、真野恵里菜さんに関して言えば、テレ東の「ドラマ24」で放送された」みんな!エスパーだよ!で演じた、浅見 紗英の役の印象が強い為に、今回の早乙女でイメージが激変!

 

甘い女の子から、凛としたキャリアウーマンに変貌!

 

流石!女優!!と言った感じでしたね。

 

早くも折り返し地点が間近のとと姉ちゃん。

 

今週も見逃せませんよ!

 

 

とと姉ちゃん公式サイト

 

 

スポンサードリンク

 

タグ :     

NHK NHK 連続テレビ小説    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: