OUR HOUSEに出演濱田 龍臣

マイメディア情報ファクトリー

美人過ぎる母親、矢田亜希子が泣いた!OUR HOUSE6話

 


テレビドラマ

 

美人過ぎる母親にはやっぱりイケメンな息子!

期待を裏切られない展開に女性のハートを釘付けに?

 

一方で、ポーカーフェイスで美人過ぎる母親 須磨百合子を演じる矢田亜希子が泣いた!

そんな驚きの展開の6話放送です。

スポンサードリンク

 

引きこもりのイケメンな息子は子役でよく見かけた濱田 龍臣

 

引きこもりの桜子(芦田愛菜)の同級生 須磨省吾。

遂にそのベールが明らかになりました。

 

その須磨省吾を演じるのは、濱田 龍臣(はまだ たつおみ)と言う俳優さんです。

 

名前だけ見てわからないかもしれません。

 

子役からCMに出ており、天然パーマがトレードマークです。

 

 

濱田 龍臣スタッフブログ

 

 

スタッフブログを、見てあ~と思われたかと思いますが、そうです!度々CMで見かけたと思います。

 

いつの間にか大きくなっていました。

 

最近見ないハズですよね?

 

本人は成長期を迎えてイケメン俳優転身していたのです。

 

特に2011年辺りの記事を見れば良くわかりますよ☆

 

 

スタッフブログには、OUR HOUSEに出演する事は書いてあるのですが、

ドラマの中では、今回の6話までは顔が公開されず、トップシークレットとなっていました。

 

そして、その正体が子役で活躍した俳優さんでした。

 

これにより、芦田愛菜、加藤清史郎、に続き、かつての名子役が揃い踏みになったわけです。

 

特に、イケメンに成長した子役登場する事で、話題になることを想定しての配慮だったのでしょうか?

公開は今回の6話でした。

 

 

母親を選ぶいい意味でのマザコン?

 

ドラマの中では、日々家に通い詰め、ドア越しの会話を繰り返す桜子と恋に落ちてしまうのか?

 

そして遂に、学校へ登校!

 

しかも、そのイケメンっぷりにハートを射止められた桜子。

 

2人は学校でもいい感じになっていました。

 

家にまで連れ込む様に父奏太(山本耕史)はご機嫌斜め!

 

しかしながら、いい感じまで行ったものの、桜子を想っての事か?

度々聞かされていた桜子の家庭の事情に入り込み過ぎて、逆に桜子に反感をかってしまう。

 

一方で母親 百合子(矢田亜希子)も別居中の夫であり、省吾の父親との問題を引きずっていた。

 

物事をはっきりと言えない母親の百合子、その事を指摘する息子の省吾の言葉に泣き崩れる百合子。

 

結局、省吾は母親を選び、母親・百合子の故郷で暮らす事になり、当然の転向。

 

桜子にとって、人生初の失恋となったのです。

 

見ている男性なら、矢田亜希子な母親を選んでしまう?

思わずそんなある種、危険な感情にとらわれてしまいますね(笑)

 

一人孤独な母親を守る!

 

ある意味でいい意味でのマザコンです☆

 

そして、この親子はこの回で終了になっていまうのでしょうか?

 

先が気になるところです。

 

 

見逃してまったら?

 

今回はバレーボールが延長したためと、追跡録画が働かず録画されていなかったので、

公式サイト内の7日間無料の見逃し配信で見ました。

 

見逃ししまった!と言うアナタも是非、公式サイトの見逃し配信をご活用ください。

 

 

OUR HOUSE放送後7日間無料配信

 

 

 

スポンサードリンク

 

タグ :    

テレビドラマ フジテレビ    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: