• 桃色吐息が魅惑的な前田敦子!毒島ゆり子のせきらら日記第2話

桃色吐息が魅惑的な前田敦子!毒島ゆり子のせきらら日記第2話

TBSドラマ - テレビドラマ

テレビドラマ

 

色気ムンムンな前田敦子が魅せる「毒島ゆり子のせきらら日記」。

第2話が放送されましたね。

 

何気なく演出が気になるこのドラマ。

1話よりも、前田敦子が妖艶な大人の女性に変貌☆

 

 

 

演出が色気に拍車をかけている?

 

演出が色気に拍車をかけている様にも思えます。

 

まず気になるのは、何とも言えないBGMです。

必ず使われるBGMですが、何だか岩下志麻が和服姿で歩いてきそうな勢いです(笑)

 

このBGMが流れている時はスローモーションになる事が多く、

前田敦子演じる毒島ゆり子が、気になりはじめた敏腕政治記者である、

小津翔太(新井浩文)を目で追うシーンが印象的です。

 

次にやはりファッションじゃないでしょうか?

政治記者と言う事もあり、派手すぎず地味過ぎずと言った感じですが、

白でコーディネートされたスーツ姿がまた色っぽいですね。

 

色々と言われてはいましたが、このままでも十分に色っぽさを演出出来ると思います。

 

強いて言うなら。エロ可愛いと言ったところですかね☆

 

また、同棲中の彼氏である幅 美登里(渡辺大知)といる時は、

女子大生と言った感じで、子供っぽい感じも見せます。

 

一方で、小津翔太が離婚しそうな事を知り、さらに告白までされ、

付き合う事となったゆり子。

 

ラブシーンでは大人な桃色吐息まで漏らす始末・・・

 

この時に見せるゆり子は、妖艶な雰囲気を醸し出しています。

 

そんな両方の使い訳が、今後、ファン層が分かれるところでしょうか?

 

勿論、政治記者としての仕事ぶりも踏まえて、今後の展開が楽しみですね☆

 

 

渡辺大知と言えば高志!

 

渡辺大知と言えば、NHKの連続テレビ小説まれ で登場した、能登の幼なじみであり、

ミュージシャン志望の二木高志がハマり役でしたよね?

 

と言っても、結構わからないかもしれませんが、実はその高志なんです。

 

私も1話目では気づきませんでしたが、今回歌を歌っているシーンがあり、

そこで気になって調べて、はじめわかりました(^-^;

 

思わず、高志!こんなところで何やってんだよ!

 

なんて心の中で叫んでしまいました(笑)

 

そう、まれでは無口なミュージシャンの役で、

実は主人公まれ土屋太鳳)の母親である藍子常盤貴子)に想いを寄せていた。

 

その象徴的なシーンが、まれの父親である、徹(大泉洋)が、

自分で起こした会社が倒産し、部下から恨みを受け、家族に危害を加えるような強迫を受けた。

 

そのことから徹は失踪。

 

失踪した夫である徹心配する藍子(常盤貴子)を高志(渡辺大知)が抱きしめると言う、

衝撃的なシーンがありました。

 

朝ドラなのに昼ドラ的展開?

 

そう思ったてしまったのではないのでしょうか?

 

ましてや幼なじみの母親を抱きしめる!想いを寄せる!!

そんな事はあってなりませんが、常盤貴子なら・・・

 

なんて、イケない妄想をしてしまうところです(^-^;

 

今回の毒島ゆり子のせきらら日記でも、彼氏1号と言う感じで、

微妙な立ち位置の役ですが、翔太と付き合うことになったゆり子を許せるのか?

 

今後とも目の離せない渡辺大知演じる、幅 美登里です。

 

 

 

 

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバック
トラックバックURL