ラヴソング挿入歌

マイメディア情報ファクトリー

挿入歌も気になります!【月9】『ラヴソング』第2話

 


Facebookページフジテレビ

画像引用Facebookページフジテレビ

 

日曜日ドラマOUR HOUSEが最低な視聴率だったと言う残念な結果でしたが、

フジ「OUR HOUSE」全局最低4・8%発進…テレ東にも負けた

 

フジテレビが誇る月9ドラマはどうなんでしょうか?

 

3年ぶりの福山雅治主演で意気込んでいますが、

結果は如何に!!

スポンサードリンク

 

女性よりも男性に支持されている?

 

 

今回の月9、「ラヴソング」は、男性に支持されている様です。

テレビ視聴アンケート「テレビウォッチャー」調べ

 

前作の月9「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」は、

男女がほぼ同じ比率だった模様。

 

福山雅治が主演するのだから、素敵な恋愛ドラマ☆☆

・・・そんな女性の期待むなしく、

蓋を開けて見ればヒューマンドラマだった。

 

しかも、ヒロインのさくら(藤原さくら)が吃音と言うハンデを背負い、

そのハンデと向き合い、葛藤のするさくらに対して、

元プロミュージシャンで現在は臨床心理士の広平(福山雅治)が、手を差し伸べてあげる。

 

月9ドラマの恋愛とはかけ離れた設定になっており、

どちらかと言うとヒーローものの設定に近いのかもしれません。

 

そして、それを見ている男性は、苦しむさくらをどうにかして助けてあげたい!

ドラマとわかっていても、思わず胸を熱くしてしまうのでしょう☆

 

今回の2話はまさにその象徴的な場面が垣間見えるシーンがありました。

 

妊娠中で幼なじみの真美(夏帆)が出血を起してしまい、気を失ってしまう。

その事に気づき、救急車を呼ぼうと119番をするものの、

声が出ず上手く伝わらない・・・

 

タイミングが悪く誰とも連絡がつかない・・・

 

そして・・・

 

その危機的な状況に気付いたのが広平(福山雅治)だった。

 

このシーンはハラハラさせて、ギリギリでヒーローが登場する!

まさにヒーローものに近い感じがありました。

 

月9だからと言って、恋愛じゃなくても良い!

と思うのは私だけでしょうか?

 

もはや、テレビ離れ進み、更に深夜まで働く人も多く、

この時間に恋愛に擬似体験に浸れる余裕もありません!

 

色々なタイプのドラマを織り交ぜた方が面白い気がします。

 

勿論、恋愛イコール女性視聴者を狙ったドラマ枠なので、

基本は恋愛ドラマがベターなのでしょうけど(^-^;

 

「ラヴソング」特設サイト

 

 

 

あの挿入歌は?音楽にも注目です

 

主演がミュージシャンと言う事で、今後音楽も注目です!

 

特に1話目でさくらの過去を追った回想シーンで使用された曲。

 

気になりますよね?

 

その曲を聴くだけでも、何だか泣けてしまった人はいるのではないでしょうか?

 

この曲は「500マイル」と言う曲です。

※原曲は洋楽で忌野清志郎が日本語版を作詞。

 

『ラヴソング』挿入歌の『500マイル』について

 

2話だ遂に、さくらが歌い始めて来ているので、

さくらバージョンを聴ける日も近いかもしれませんね☆

 

 

 

スポンサードリンク

 

タグ :      

フジテレビ フジテレビ 月9    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: