深谷の温水プールパティオでスライダーオフシーズントレーニング

アクアパラダイスパティオ - スライダー滑走 - 漫画 - ネーム - 漫画

パティオのスピニングスライダーオフシーズントレーニング開始

 

 

スライダー復活シーズンも無事に終了!

 

しかしながら、まだまだ滑り足りない!

 

満足に跳べて(水面滑走)いないので、身体をほぐす意味でもオフシーズンのトレーニングは行いたいところですね。

 

25年前は中学生だったので中々出来ませんでしたが、今回は車での移動が出来ますので、比較的簡単にオフシーズントレーニングが出来ます☆

 

 

 

 

スライダー滑走と復活として、今年(2018年)はさいたま水上公園としらこばと水上公園で滑りました。

 

しかしながら、まだまだ練習が足りないのが本音!

 

本調子を取り戻すにはまだまだの様です。

 

趣味のスライダーと言え、そんなに甘いものではありません!

 

なので、たまに見かけますが、友達を笑わせ様として、水面滑走風な悪ノリを見かけますが、悪ふざけでのノリでやるのは危険なので注意が必要です。

 

 

スライダーは短い本ジーンズに対して、長いシーズンオフが鍵を握ります。

 

そこで、必要なのがオフシーズンでもトレーニング出来る環境です。

 

 

温水プールの活用!

 

スライダーオフシーズントレーニングは温水プールを活用

 

そこで、冬のシーズンでも営業している温水プールの活用です。

 

但し、水上公園の様な夏の屋外プールの様な直線スライダーは中々ありません!

 

 

 

東京サマーランドのTiki(ティキ)スライド

 

温水プールの直線スライダーと言えば、東京サマーランドのTiki(ティキ)スライドと言うスライダーが有りますが、サマーランドは民間の運営なので、入場料が県営、市営プールに比べて高いのです。

 

なので気軽に行ける感が無いです。

 
しかも12月~2月の長期休業があります。

ただ、10年前にチケットをもらった時に1度行った事があり、その時にこのTiki(ティキ)スライドを滑りました。

 

そして、水面滑走は出来た記憶があります。

 

 

ただ私の住む埼玉の北東部からは遠いのも難点です。

 

たまに行けるかどうかな?と言う感じですね。

 

ただ、Tiki(ティキ)スライドは入場料だけで滑れるので、美味しいと言えば美味しいです。

 

いくら高いとは言え、同じ趣味で言うなら、バイクやジェットスキー、スノーボードやスキーに比べるとはるかに安上がりなので、近くの人なら通えるかもしれません。

 

 

Tiki(ティキ)スライド 参照動画

※以前はトンネルが無かったのでもっとやりやすかったですね。

 

 

Tiki(ティキ)スライド詳細はこちら>>

 

 

 

サマーランドの通常期間3月~6月/10月~11月の営業日)
料金は、
入場料 大人2000円、子供1000円
駐車場1500円(乗用車)
民間経営としては比較的安いと言えます。

 

料金詳細はこちら>>

 

 

アクアパラダイスパティオ

 
そこで埼玉県民の私が、オフシーズントレーニングの場所として白羽の矢が立ったのが埼玉県深谷市にある、アクアパラダイスパティオです。

 

ここもただの温水(屋内)プールでは無く、冬でも楽しめるスライダーがあるのです。

 

 
パティオの100メートルの曲線スライダーで体慣らし!
 

アクアパラダイスパティオには、名物とも言えるスピニングスライダーと言う曲線スライダー(チューブタイプ)があります。

 

パティオスピニングスライダー

パティオ名物スピニングスライダー(画像を簡易的にトレースしました(^_^))

※パティオでは撮影が禁止なので、今後はこんな感じでのご紹介になるかと思います。

 

 

このスライダーの特徴としては、長さ50メートルと100メートルの2コースがあります。

※身長120㎝以上の方が滑れます。

 

私は100メートルのコースで体慣らしました。

 

中々面白いです♪

 

しかしながら、着水プールでの水面滑走は難しい様です。
 

基本的に直線スライダーと違い、スピードが一定なのと、着水プールの水面が0.85メートルと少し深いのも関係して来ているのでしょうか?

 

バウンドする事もなく、水没する感じです。

 

 

その一部始終をフィクションの漫画でご紹介しておきます。

 

※ネーム(ラフ画)に色を付けただけですので少々見づらいですがご了承くださいね(^-^;

 

架空のスライダー娘が楽しく滑ります☆

 

パティオでスライダーオフシーズントレーニング開始

 

 

この様にストンっと落ちるイメージです。

 

漫画は少しオーバーですが、実際は水面が滑り台(滑走路)と水平になっている様に見えます。

 

こちらで確認出来ます。リンク先サイトの2枚目の画像参照>>

 

 

いずれにしても体をほぐす事が出来ます。

 

また健康の為に訪れている高齢者の方も多く、流れるプールでウォーキング出来ます。

 

パティオでは、スライダーは1時間のうち40分間の営業で、20分休憩が入ります、その間は流れるプールに浸かるのが有効的です。

 

 

このオフシーズントレーニングにより、きっと本番の夏には体が出来上がって、楽しく距離を伸ばせる事は間違い無いですね。

 

 

また、私の様な目的ではなく、ただ滑る事を楽しむスライダー本来の目的もこのアクアパラダイスパティオで果たせるので、パティオはおススメです。

 

アクアパラダイスパティオ公式サイト>>

 

 

2月はメンテナンスの為の長期休暇です。

 

 

ちなみにパティオの紹介用の動画がありますので、参考にご覧ください。

 

 

 

 

 

スライダーを楽しく速く滑る簡単なコツ

 

ウオータースライダーで速く滑る方法

 

イラストの様に少し反るのがコツです。

 

科学的根拠はわかりませんが、小学生だった私が、同級生はもちろん、大人やマッチョな外人さんにも滑りのスピードで負けなしだった方法です。

 

踵と肩で滑る感じで、水着の抵抗を減らす事が出来ます。

 

パティオでは、スライダーの案内ボードに、

 

座る→ゆっくり

 

寝る→はやい

 

 

と図で示していますが、

 

→更にはやく

 

したい場合は、少し上のイラストの様に体がを反って見て下さい☆

 

 

 

南関東では引地台温水プール

 

パティオは北関東になりますが、では南関東・神奈川方面はどうなのか?

 

ちゃんと有りますよ!

 

そこは引地台温水プールです。

 

しかもここは水面滑走が出来るらしいです( ;∀;)

 

この引地台温水プールに関しては私も行った事がありませんが、このブログでも紹介させて頂きました、常夏のスライダーおじさん事、スライダーおじさん3号さんがオフシーズントレーニングに使っています。

 

詳細はスライダーおじさん3号さんのブログにて紹介していますので是非ご覧ください。

 

 

引地台温水プールについてはこちら>>

 

 

 

 

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバック
トラックバックURL